あゆみ

商品イメージ1

 

 

 


1917年
(大正6年)
酒精酵母をアルコールによる馴致培養に成功する。
1927年
(昭和2年)
酒精酵母を食塩による馴致培養に成功する。
1929年
(昭和4年)
第一回特許取得(パパイヤ酵素利用による塩みりんの製造法)
製造名称「パパイヤみりん」
1945年
(昭和20年)
第二回特許取得(特殊速成塩みりんの製造法)製品名称「味の一しおみりん」
1952年
(昭和27年)
「調味料、味の一の製造」に関し酒税法の課税可否に付き、お伺い書を国税庁に提出する。
国税庁長官より酒類としては扱わないが、製造に関しては「もろみの製造免許」を必要とするむねの通達が出される。資本金50万円にて東京都中野区に『味の一醸造株式会社』を設立する。
1953年
(昭和28年)
第三回特許取得(味付け塩みりんの製造法)製品名称「味の一しおみりん」もろみの製造免許を申請する。
中野税務署長より『もろみ製造免許第51号』許可される。
1954年
(昭和29年)
製品名の「味の一」を『味の母』とする。
1955年
(昭和30年)
業務用として味の母を販売する。
1965年
(昭和40年)
自然食品業界に味の母を販売する。
1968年
(昭和43年)
埼玉県狭山市に工場を新設する。
1974年
(昭和49年)
第四回特許取得(二段式塩みりんの製造法)
1975年
(昭和50年)
公正取引委員会より「しおみりん」の表示に対し排除命令が出る。
1976年
(昭和51年)
公正取引委員会の排除命令に対し審判請求し審判開始される。
1982年
(昭和57年)
生活共同組合への販売を開始する。
1993年
(平成5年)
公正取引委員会と「しおみりん」の表示の排除命令に対する審判を同意審決する。
(名称を醗酵調味料とする)
2005年
(平成17年)
9月 有機JAS認定製品、『有機醸造調味料 酒醂』の販売を開始する。
2006年
(平成18年)
12月 本社、新社屋落成。