味の母の使い方

味の母は2つ(みりん+料理酒)の効果

様々なお料理で「みりん少々」、「お酒少々」を使う時
「味の母」これ一本でお役に立ちます。

味の母、本みりん、料理酒の比較

種類  原料・製法
味の母 米と米こうじで「もろみ」を醸成し、糖化をさせて食塩を加える。
料理酒 日本酒と同じく、米と米麹を原料に糖化と醗酵を同時に行う。甘味は少ない。
本みりん 焼酎にもち米と米こうじを加え糖化させる(酵母による醗酵過程が無い)

味の母の使い方

味の母は「醸造によるソフトな香り」と「みりんのコクのある旨み」が微妙にとけあって、材料の持ち味を一段と向上させます。米と米こうじを原料として日本酒の基(もろみ)を醸造して食塩を加えた、アルコール分を10%以上含む醗酵調味料です。 焼物、煮物、そばつゆなどに是非お試しください。










































































料理例 味の母 醤油 効果
① 煮物 4 5 味が早く浸透し、材料のもち味を生かします。
② 魚(煮付け) 3 5 魚特有のくさみが取れ、肉がしまります。
③ すき焼き 1 1 味にコクが出て肉が柔らかくなります。
④ うどん・そば汁 2 5 風味が出て味を一層ひきたてます。