工場見学

 
味の一醸造株式会社の工場見学へようこそ!
おいしさの秘密がいっぱいの工場を見学してみましょう!


     製造工程

商品イメージ

  1.洗米・浸漬米・蒸米

お米の糠を取り除くためにを洗米し水に浸し充分に水分を吸収させます。
お米の成分はタンパク質、でんぷん、脂肪から出来ています。
お米を蒸して、その後冷却します。これは麹菌の繁殖を容易にし、また、酵素の作用が働きやすくするためです。

           

商品イメージ

  2.麹造り

米こうじを造ります。

           

商品イメージ

  

 

 

 

 

 

 

  • 醗酵の様子をご覧ください
  •  

3.もろみ醗酵

「もろみ」の醗酵をします。「米こうじ」と「蒸米」をタンクに入れ、酵母により醗酵させ「もろみ」を造ります。
麹には数十種類の酵素があり、その作用はでんぷん質を糖分に、タンパク質をアミノ酸(旨み成分)に換えます。
脂肪分から香気成分を造ります。さらに酵母の働きで、この糖分より高沸点のアルコール(高浸透圧)が醸成されます。
 

           

商品イメージ

4.搾り・ろ過加熱殺菌・熟成熟成

出来上がった「もろみ」をまず、圧搾機で粗搾りして、液と酒粕に分離します。
さらにミクロンフィルターで精密ろ過をします。ろ過された液を、プレートヒータ(熱交換器)で加熱して殺菌します。
そして、タンクの中でじっくりと長期熟成させます。

         ↓

商品イメージ

  5.製品分析検査


製品の品質、規格はもちろん、安心、安全をお届けするために、常時点検をしています。

           

商品イメージ

  6.容器の検査・洗浄・殺菌

容器は回転機により先に外側を熱湯で洗浄し、続いて内側も熱湯で殺菌されます。
  

           

商品イメージ

  7.びん詰め。打栓(キャップ)

容器の殺菌が済んだら充填機で味の母を充填します。
(充填される味の母は熱交換機で殺菌されています。)
定量入ると直ちに打栓(キャップ)されます。

           

商品イメージ

  8.ラベル貼り

打栓された製品の側面を熱湯シャワーで洗浄し、エアーで乾燥します。さらに製品を倒立させて検品します。
検品が済むと、すぐに製品にラベルが貼られ、同時に賞味期限も刻印されます。
完成した製品を規定の本数で箱に入れ、テープにて封印し、重量の検査を行い倉庫に保管されます。

         ↓

商品イメージ

 

 9.お客様の元へ

このようにして完成した「味の母」を、お客様の元へお届けいたしております。